2005年11月08日

ハードな1日

11月5日

今日は午前中にJA祭り、午後というか夜に公演を観に行った。退院してから朝から夜まで動かないようにしているので結構きつかった。『むげん演人』の公演“センテュリオン”・・・。観ていたらやっぱり口惜しくなった。どうしてあそこに自分がいないのだろうとか考えてしまう。みんな楽しそうだった、私も一緒に楽しみたかった、帰ってからしばらくそれだけを考えてしまって眠れなかった。公演が終わってから楽屋に顔を出してみんなに「お疲れ様」と声を掛けながら、羨ましくて仕方が無かった。自業自得、踏ん切りつけて諦めたはずなのにね。それだけみんなが良い作品にしたんだよなー。うん、だから愚痴りたくなるんだな。今回みたいな機会はもう無いかもしれない、でも知り合った仲間はこれからも仲間だもんね。出産して育児が一段落したら、また入れてもらうさ。今までもそうだったんだから、それまでのお楽しみ・・・。
posted by 萩原 蒐 at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おめでとう

11月3日

実は一昨日、義母が松本市から表彰されました。農村女性の活動に貢献したという功労賞でした。と、いう事でみんなでお祝いしようと外食する事になったけど、義母に希望を聞こうとしたら子供達が勝手にお寿司屋に決めてしまいました。今回はお祝いだからちょっと奮発してのれんのある所に連れて行ってあげたかったけど、今の回転寿司ってお寿司以外にも色々食べる物があるんだよね、妊婦になったら全く刺身が食べられなくなった私も大丈夫なので結局いつもの所になってしまったけど、みんなで食べる食事はやっぱりおいしかった。家族水入らずも良いけど、たまにはこういうのも良いよね。
posted by 萩原 蒐 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。