2007年07月08日

笑劇的事件

昨日は七夕だったね・・・なんてブログを書こうと思ってたら事件発生。

土日は稽古があるからお子ちゃま達は毎回実家にお泊り。
今日もいつものように夕方練習を抜けて回収しに行く。
1日だけでも会わないと、なおいっそうの愛おしさを感じる子供達。
迎えに行くと「ママ!」って笑顔で迎えてくれるのがなんともいえないのだ。が、しかぁ〜し!!一番下の子がハイハイしながら(まだ歩けないからな)「ママ」といって抱きついてきて、あまりの可愛さに頬をすり寄せたその瞬間、その頬に痛みが走った!!
興奮した我が子はおもむろに、私の頬を噛んだのだったふらふらしかも半端ない痛み・・・。
「いたたっ」と思わず叫んだ母に、喜んでいると勘違いした我が子は追い討ちをかけるようにさらに噛み・・・。
私の頬にはそれは見事は歯型がつきましたとさもうやだ〜(悲しい顔)上と下、合わせて8本しかない奇妙な歯形をね・・・。
お母さんのほっぺは肉厚だから美味しそうに見えたのだろうか?

でも可愛いから許す揺れるハート
posted by 萩原 蒐 at 23:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。